認知症に効果あり!プラズマローゲンのすべて
HOME » 基礎知識 プラズマローゲンを知る » 認知症への効果は?

認知症への効果は?

プラズマローゲンの認知症への効果は?

人の脳内でのプラズマローゲンの主な役割の1つが抗酸化作用。人はストレスを受けることで、脳細胞が酸化されて劣化してしまいます。

そこで、脳細胞の身代わりとなるのがプラズマローゲン。プラズマローゲンが脳細胞の代わりに参加していくことによって、脳細胞は健康な状態を保つことができるのです。

認知症やアルツハイマー病でなくても、脳の疲れは万病のもとと言われます。また、毎日の疲れは、脳神経細胞を傷つけてしまうことも。

脳の疲労解消のために、ストレスにさらされている方、ご高齢の方などは、この不足しがちなこの成分を摂取しておきたいですよね。

認知症とプラズマローゲンの関係

脳を守るプラズマローゲンという物質は、アルツハイマー型の認知症にも改善に役立つのではないかと今大変注目されています。

海外ではアルツハイマーは、脳内にアミロイドβたんぱく質が溜まることで発症することがこれまでの主な考え方でしたが、とある研究で、プラズマローゲン自体が不足していくことが認知症発症の原因ということが分かってきたのです。

また、プラズマローゲンは睡眠改善にも効果が高いとされており、良い睡眠をとることは、認知症予防にもつながるとされています。

さらに、まだ研究の段階のようですが、プラズマローゲンを定期的に摂取すると、脳を守るだけでなく脳神経細胞を新たに生み出すことが動物実験で証明されたとのこと。

予防にも改善にも効果を期待できる注目の成分なのです。

プラズマローゲンで脳を元気に

家族

プラズマローゲンは、認知症の予防や改善に取り入れたい画期的な成分です。物忘れや頭のボンヤリ感が気になる。家族や自分自身が認知症と診断されてしまった…。色々な理由でプラズマローゲンに興味を持つ人が増えています。このサイトでは、そんなプラズマローゲンについて徹底的に調べてみました。ぜひご活用ください。

プラズマローゲンサプリをチェック>>

 
認知症に効果あり!プラズマローゲンのすべて