認知症に効果あり!プラズマローゲンのすべて

認知症の原因は?

認知症とは脳の働きが悪くなったり脳内の細胞が死んでしまったりして、日常生活に困る様々な症状が出てくることです。

脳は、人間の活動をコントロールしている言わば司令塔の役割。それがうまく働くなれば記憶することや行動することが難しくなり、感情も上下しやすいなどといった問題が出てきます。

原因としてはストレスや加齢、病気など様々あります。

認知症の種類

認知症には、いくつかの種類があり、原因もどのような理由で発症するか、進行のスピードなども違います。

大きく分けて4種類ありますので、それぞれ見てみましょう。

アルツハイマー型認知症

認知症の約60%がアルツハイマー型と言われています。何らかの要因で脳にアミロイドβというたんぱく質が溜まり、神経細胞が壊れて、脳の委縮がおこることにより発症してしまいます。

これまで加齢や遺伝などが原因とされてきましたが、最近は糖尿病や高血圧の場合にこの病気にかかりやすいことも分かってきたということです。

発症の初期は2年から6年、食べた食事を忘れてまた食べてしまうなど記憶の症状が出てきます。

中期になると現在と過去の区別がつかなくなり徘徊症状も出てきます。

後期になると、言葉の意味が理解できず、食事も歩行も介護が必要になってくる病気です。

脳血管型認知症

認知症の約20%がこの脳血管型と言われています。脳梗塞や脳出血などが起こり、脳の血管障害によって認知症が起こります。

血管のつまりが増えたり大きくなるごとに脳機能が低下し、記憶障害、運動障害が出てきます。

レビー小体型認知症

大脳皮質の神経細胞の中にレビー小体というたんぱく質が現れて、脳の神経細胞が減っていく病気のこと。幻覚の症状、認知機能障害が表れます。

このたんぱく質はパーキンソン病の原因にもなるやっかいな存在で、歩行障害や体の動きが悪くなる運動障害も現れます。

前頭側頭型認知症

この多くは、初老期に発症します。原因はまだはっきり分かっていませんが、ピック級という異常な構造物が脳の神経細胞にたまったり、TDP-43というたんぱく質がたまる病気です。

人格や性格が極端に変わったり、記憶力の低下が出てきます。


この他にも、認知症の症状が出る病気は数多くあり、病気の種類によって治療法も異なります。

専門医の診察を受けて適切な治療をすることが、進行を遅らせるためには必要です。

プラズマローゲンで脳を元気に

家族

プラズマローゲンは、認知症の予防や改善に取り入れたい画期的な成分です。物忘れや頭のボンヤリ感が気になる。家族や自分自身が認知症と診断されてしまった…。色々な理由でプラズマローゲンに興味を持つ人が増えています。このサイトでは、そんなプラズマローゲンについて徹底的に調べてみました。ぜひご活用ください。

プラズマローゲンサプリをチェック>>

 
認知症に効果あり!プラズマローゲンのすべて