認知症に効果あり!プラズマローゲンのすべて
HOME » 認知症の基礎~不安な気持ちを抱える方へ » まずは認知症チェック

まずは認知症チェック

ノートの画像

認知症は、自分ばかりでなく、家族や周囲の人々が早めに気づいて、適切な治療をしていくことで、その後の進行を遅らせることができます。

何かおかしいなと思い当たることがあったら、ぜひ下のチェックシートの質問に答えてみてください。

ご本人も、家族や周囲の方も、3年前ぐらい前の自分と比較してみて、日常に支障をきたしている症状がないのかをチェックしてみましょう。

必要であれば専門医に相談することをおすすめします。

認知症チェックシート

該当する項目がイエスの場合にチェックをしましょう。

何カ所該当するかで判定を見てください。

 
  1. 今日の日付が思い出せない
  2. 今何をしようとしていたか忘れることが増えた。
  3. 理由がないのに気持ちが塞いでしまう。
  4. いつも通いなれた道に迷うことがある。
  5. 身の回りの使い慣れた道具をどう使って良いか分からないときがある。
  6. 簡単な計算や文字を間違えたりすることが増えた。
  7. 付き合いが減り、外出したくなくなっている。
  8. 料理や掃除といった段取りが必要な家事ができにくくなった。
  9. 物の名前や言葉がうまく思い出せないときが増えた。
  10. イライラや不安が強くなり情緒が安定しない。
  11. ガスの火の消し忘れ、窓の閉め忘れなどが増えた。
  12. 前に買ったことのある同じものを何度も買う。
  13. 何度も同じことを聞いたり話したりしてしまう。
  14. お風呂や着替えがイヤになり、身だしなみに無関心になった。
  15. 忘れ物、置き忘れ、しまい忘れが増えた。
  16. 待ち合わせの時間や場所を間違える回数が増えた。
  17. 熱中していた趣味や楽しみに関心がもてない。
  18. 物をなくして見つからないのを他人のせいにする。
  19. 説明書など細かい文章を読むことが面倒になる。
  20. 今までできてきた車の運転などの操作ができなくなる。
 

【0~8個 正常レベル】

正常の範囲内ですが、過労やストレス、老化現象による症状が出ている場合があります。

8個に近い方は、時間をおき、もう一度チェックしてみましょう。

【9~13個 要注意レベル】

ご自身でチェックをしたのなら、家族やまわりの方に再チェックをしてもらいましょう。注意が必要なレベルですので、数か月ごとに項目が増えていないかを確認し、必要であれば専門医の受診を。

認知症予防のために、生活習慣や食事などを改善してみるのも良いと思います。

【14~20 個 要診察レベル】

認知症の初期症状が出ている可能性がありますので、専門医の受診をおすすめします。ご本人や家族、周囲の方にそれぞれ再チェックをしてもらい、病院で詳しく話してみると良いでしょう。

認知症に良いとされる生活習慣や食生活などの改善も心がけていきましょう。

プラズマローゲンで脳を元気に

家族

プラズマローゲンは、認知症の予防や改善に取り入れたい画期的な成分です。物忘れや頭のボンヤリ感が気になる。家族や自分自身が認知症と診断されてしまった…。色々な理由でプラズマローゲンに興味を持つ人が増えています。このサイトでは、そんなプラズマローゲンについて徹底的に調べてみました。ぜひご活用ください。

プラズマローゲンサプリをチェック>>

 
認知症に効果あり!プラズマローゲンのすべて