認知症に効果あり!プラズマローゲンのすべて

予防の方法

夫婦の画像

認知症はこうすれば絶対にならないですむという方法は残念ながらありません。

しかし、今の現代は大変なストレス、生活習慣や食生活の乱れによって心も体も認知症になりやすい環境があります。

実際にアルツハイマー型や脳梗塞などで起こる脳出血型の認知症は、高血圧や糖尿病なども原因のひとつとなっています。

年をとるのはしかたのないことですが、ストレスを減らしたり、毎日の暮らしを見直したり、健康的に変えていくということを意識してみると良いでしょう。

認知症を予防するために今できること 

以下に5つの改善ポイントをまとめてみました。

改善ポイント① 食生活を変える

1日3食規則正しい食事を日ごろから心がけることは体にも心にも良いことです。認知症を引き起こす成人病、血管の病気などは努力で減らすことはできます。

認知症に良いとされる栄養素を積極的に取るのも良いでしょう。食べ物に含まれる脳に良い成分(栄養素)は下記がおすすめです。

  • 野菜・果物…ビタミンC、E、βカロチンなどが脳に良いです。
  • 魚…イワシやサバ、マグロ、ブリ、うなぎ、鮭、すじこなど、DHAやEPAは積極的に摂取したいものです。
  • 肉類…牛・豚・鳥などの肉類には、認知症に良いという話題のプラズマローゲンが含まれています。
  • 赤ワイン・ざくろ…ポリフェノールを含んでいる食品は抗酸化作用があり脳によいとされています。
  • きのこ類…脳を活性化させる働きがあります。

改善ポイント② 生活習慣を健康的に

有酸素運動は、血行を良くし、脳にも体の健康にもベストです。

球技などの楽しみながらできるスポーツも、脳を使い体を動かすことでトレーニングになります。

改善ポイント③ ストレスを減らす

ストレスは、認知症の大きな原因のひとつです。

リラックスできる環境をつくったり、自分の趣味に没頭したり、入浴、自然に触れるなど自分を解放できる時間を大切にしましょう。

改善ポイント④ 睡眠時間を見直す

不規則で少ない睡眠時間は、脳をしっかり休ませることができません。充分な睡眠時間を取り、寝るときは部屋を暗くして刺激を少なくします。

朝起きたら、起床後2時間以内に太陽の光を浴びると効果的です。できれば、昼間30分以内の昼寝の時間があると脳の疲れをとることができます。

改善ポイント⑤ 脳のトレーニングを取り入れる

トレーニングと言っても、文章を飲んだり、書いたり、といった日常で行う動作で脳を活性化させることはできます。今は脳トレなどのゲームなども豊富ですよね。

博物館や美術館に行くなど、アートを楽しむこともおすすめです。

プラズマローゲンで脳を元気に

家族

プラズマローゲンは、認知症の予防や改善に取り入れたい画期的な成分です。物忘れや頭のボンヤリ感が気になる。家族や自分自身が認知症と診断されてしまった…。色々な理由でプラズマローゲンに興味を持つ人が増えています。このサイトでは、そんなプラズマローゲンについて徹底的に調べてみました。ぜひご活用ください。

プラズマローゲンサプリをチェック>>

 
認知症に効果あり!プラズマローゲンのすべて